REHAB TSUCHIDA REHABILITATION CLINIC

AKA−H治療例

脳卒中 その1

今回は脳卒中片麻痺患者のAKA-H、ANTを用いての治療経験を報告します。
私が鶴巻温泉病院の回復期リハビリテーション病棟で治療した方です。

60代女性
脳出血(橋)により右片麻痺、手足と体の失調(ふるえてコントロールできない)、構音障害(ろれつが回らない)がありました。歩くのは、杖と装具を使って、倒れないような介助が必要でした。特に立つと失調が大きくなり、バランスを崩してしまう状態でしたので、手すりをはなすことができませんでした。

そのためトイレでも介助が必要な状態でした。
痛みは特にありませんでしたが、関節機能障害が存在すると麻痺している手足の動きが悪くなったり、バランスが悪くなることがあるので、一般的な理学療法に加え、仙腸関節などの体幹関節を中心にAKA-Hを実施していました。

治療後、自分では動かすことが出来なかったつま先がすこし上がるようになりますが、依然として立った時のバランスは不安定でした。

ちょうどその頃、ANT(関節神経学的治療法)を学んだばかりでしたので、見よう見まねで実施したところ、失調が激減し、手すりなしで立っていられるようになり、歩行は杖と装具は必要ですが、介助なしで、すぐ近くで見守っているだけでできるようになりました。あまりのバランス能力の変化にびっくりしてしまいました。

その能力は戻ってしまうことはなく、その治療をきっかけにトイレもお一人で安全にでき、杖と装具を使用してですが、1ヶ月後に自宅退院となりました。

今回の症例から
・脳卒中による症状の中にも関節機能障害による症状が存在していることがあるため、AKA-Hは実施した方がよい。
・ANTは協調運動障害(失調など)に効果があることがある。

担当:池谷 和弘(理学療法士)

 

 
当院について

平成29年4月の休診日

2日、5日、9日、16日

23日、29日(祝)、30日

第1.3.5水曜日は終日休診です

平成29年5月の休診日

3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)、7日

14日、17日

21日、28日、31日

第1.3.5水曜日は終日休診です

当院へのアクセス

MAP

所在地

東京都目黒区下目黒6丁目14-17

診療時間

平日・土曜日
午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜6:00
※日曜・祝祭日休診
※診療時間は目安です。

クリニックの詳細を見る

▲pagetop