REHAB TSUCHIDA REHABILITATION CLINIC
HOME > AKA-Hとは > AKA-H治療例 > 病名・診断名 > ギックリ腰(急性腰痛)

AKA−H治療例


ギックリ腰(急性腰痛)


今回はギックリ腰(急性腰痛)の治療経験を紹介します。
ギックリ腰で来院される方は多くみられます。重いものを持ち上げようとしたり、くしゃみをしたりと転機は様々です。

1例目は60代の男性で、ゴルフの練習をして家に帰り、ゴルフバッグを持ったまま、下に落ちたものを拾おうとして、ギックリ腰発症。以前にもAKA-Hの治療歴があり、すぐに電話を頂き来院してもらい、治療(受傷から3時間程度)を実施しました。

治療後鋭い痛みは消失しましたが、腰の一部に重だるい痛みが残存しました。それでも寝返りや立ち座り、歩きはスムーズになりました。1週間後に来院していただいた時には重だるい痛みも消失しており、治癒しました。

2例目は一緒に働いていた病棟の看護師(20代女性)で、患者さんを車椅子からベッドに乗り移そうとして持ち上げた時にギックリ腰発症。その場で動けなくなり、すぐに他のスタッフに車椅子に乗せられて私のいるリハビリ室まで来ました。立つのもやっとでしたが、治療実施後、痛みは消失し、自分で乗ってきた車椅子を押して、歩いて帰りました。

3例目は70代男性で以前からギックリ腰を繰り返していました。今回も床の物を拾おうとした時にギックリ腰発症。動けなくなり、発症から2日ほどたってから来院しました。治療により寝返りの痛みは消失しましたが、重だるさは残りました。2週間後に再度治療を実施し、わずかに違和感が残る程度まで改善。さらに2週間後に治療し、治癒しました。

ギックリ腰のほとんどは仙腸関節の引っ掛かりが原因で起こります。発症から3時間ほどで炎症反応が起こるようで、炎症反応が起こる前にAKA-Hにて引っ掛かりを取るとその場で症状は消失します。

しかしそれ以上経過すると炎症と引っ掛かりにより、痛みが強くなり、動くのがつらくなります。その状態になるとAKA-Hを実施しても痛みは楽になりますが、炎症が治まるまでは痛みは残ります。

ほとんどのギックリ腰は発症から2〜3日の安静で炎症が治まるため、症状は軽減し、ある程度動けるようになりますが、引っ掛かりは残ったままのことが多いです。そのためにギックリ腰は一度やると癖になるといわれるのではないかと思います。

今回の症例から
・ギックリ腰は発症から2時間以内(炎症反応が起こる前)にAKA-Hを実施すると改善する可能性が高い。

・一度炎症反応を起こすと治療効果は低くなることがあるので、発症後2時間以内に治療できない場合は少し動けるまで安静にし、動けるようになってから治療した方がよい。

・ギックリ腰は何もしなくても2〜3日で症状が落ち着く方は多いが、引っ掛かりを治療しないと再発する可能性がある。

担当:池谷 和弘(理学療法士)

 

 
当院について

平成29年6月の休診日

4日、7日

11日、18日

21日、25日

第1.3.5水曜日は終日休診です

平成29年7月の休診日

2日、5日、9日

12日、16日、17日(祝)

19日、23日、26日、30日

7月より毎週水曜日は終日休診です

当院へのアクセス

MAP

所在地

東京都目黒区下目黒6丁目14-17

診療時間

平日・土曜日
午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜6:00
※日曜・祝祭日休診
※診療時間は目安です。

クリニックの詳細を見る

▲pagetop