REHAB TSUCHIDA REHABILITATION CLINIC
HOME > AKA-Hとは > AKA-H治療例 > 病名・診断名 > 腰椎椎間板ヘルニア

AKA−H治療例

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの治療経験を報告します。
1例目は私がまだ理学療法士3年目で、AKA-Hの技術を一通り覚え、実際に使用し、たまに結果が出るといった程度の技術レベルの頃です。

高校2年生のバレーボール部所属の男子で腰痛を訴えて、来院しました。腰椎椎間板ヘルニアの診断で、仰向けで膝を伸ばして足を上げると左側は70°くらい上がるのに対して、右側は30°程で太ももの裏に痛みとしびれが出ていました。

整形外科医の指示で物理療法の腰椎けん引と電気治療、運動療法(腰痛体操や筋力強化訓練など)を行いました。最後に運動療法の一つとしてAKA-Hを実施しました。

すると物理療法や他の運動療法では変化しなかった症状が、仙腸関節のAKA-Hを実施しただけで、右側の足は左と同様に70°近くまで上
がるようになり、痛みやしびれはほとんどなくなり帰宅しました。しかし翌日には元通りの症状となってしまいましたが、物理療法などを併用しながら、半年ほど治療を継続していきました。

徐々にAKA-Hに対する反応が悪くなり、治療効果がほとんどでなくなったため、整形外科医に相談したところ、手術になりました。リハビリは腰痛の治療と手術前の筋力増強訓練が中心となりました。

手術の1週間ほど前にAKA-Hの研修会に行って帰ってきて、彼に再度AKA-Hを実施したところ初めて治療した時と同様に腰痛と太もものしびれが消失してしまいました。2〜3日症状はなかったようです。

しかし、手術は予定通り決行されました。術後、体力回復を目的としたリハビリが再開されましたが、腰痛と右足を上げた時の足のしびれは術前とほとんど変わっていませんでした。

試しにAKA-Hを実施したところ症状は消失しました。結局AKA-Hとその他の運動療法を実施しながら、3年生の引退までだましだましでしたが部活を継続することが出来ました。引退後2か月ほどで腰痛、太ももの症状は消失しました。


2例目は今年の1月のことです。ファーストフード店勤務の20代の男性で腰痛と太もものしびれを訴え、大学病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、手術を勧められましたが、AKA-Hについてインターネットでみて来院されました。

1例目の高校生と同様に仰向けで膝を伸ばして足を上げると、腰痛と太もも裏のしびれを訴えました。AKA-Hを実施したところ足の上がりは少し良くなりましたが、腰痛と太もものしびれはわずかな変化だけでした。関節の動きがあったため、2週間後の来院としました。2週間後の治療後の変化もわずかでした。

ところが治療開始から1ヶ月後に来院した時には腰痛、太もものしびれは激減し、さらに1ヶ月後には症状は消失しました。これはAKA-Hの治療診断基準からすると「単純性仙腸関節炎」と考えられます。


3例目は、当院院長の経験談です。
医学会の指導医を取得した年の梅雨頃に、その頃勤めていた職員さんの20歳になる女性が、ぎっくり腰になり診療所・大病院の診察と検査の結果、腰椎椎間板ヘルニアで手術をするしかないといわれて困っていました。

確かにMRIでは、第5腰椎と仙骨の間に親指大のヘルニアが明瞭に見えます。ご本人は死んでも手術はしたくないということで、紹介を受けました。まだ取得したばかりで、AKA-H指導医の仕事としてプレッシャーを感じなら治療しました。

3回目くらいでそれまで仰向けでの下肢を伸ばしてのテストで床から2cmも上げられなかった人がスパッと90度も上がってしまい、本人・母親・術者の小生も含め皆で歓声を上げた程でした。念のためもう一度診察をした時は全く腰痛もなく、足も90度以上上がっていました。

本人にお願いして、再度MRIを撮影してもらったところ、まったくヘルニアは大きさも形も変化がない状態でした。この子の場合、少なくとも腰痛の原因が仙腸関節由来でしかなかったということですが、ヘルニアがあるから腰痛があるという考えは全くなくなりました。

今回の症例から
 ・技術の維持・向上は常に研鑽が必要である。
 ・同じ技術でも治療者の技量、経験知などによって治療効果に大きな差がみられる。
 ・ヘルニアがあっても腰痛の原因とは限らない。

担当:土田 昌一(医師)
    池谷 和弘(理学療法士)

 

 
当院について

平成29年8月の休診日

2日、6日、9日

11日(祝)、13日、16日

20日、23日、27日、30日

毎週水曜日は休診です

平成29年9月の休診日

3日、6日、10日

13日、17日、18日(祝)

20日、23日(祝)、24日、27日

毎週水曜日は休診です

当院へのアクセス

MAP

所在地

東京都目黒区下目黒6丁目14-17

診療時間

月・火・木・金・土曜日
午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜6:00
※水曜・日曜・祝祭日休診
※診療時間は目安です。

クリニックの詳細を見る

▲pagetop