REHAB TSUCHIDA REHABILITATION CLINIC

AKA−H治療例

側わん症

今回はAKA-Hが痛みの治療だけでないということを知ってもらうために、成城リハビリテーションクリニックでのAKA専門外来から、現在も治療継続している側わん症の治療例を紹介します。側わん症は成長期に伴って起こるものが多く診られますが、痛みを伴わないことが多く、主な治療法は装具療法と言われています。

1例目は中学生の女子です。
母親が姿勢異常に気付き側わん症と診断され、肩甲骨から骨盤までの姿勢を矯正する装具を使用していました。私が初めて診た時にも立位でも一目でわかるほど胸のあたりがで右側に曲がり、腰のあたりで左側に曲がった側わん症でした。

AKA-Hを実施すると、胸の部分の曲
がりははほとんど改善し、腰の曲がりのみ残りました。また、背筋が伸び、姿勢が改善しました。その後、1回/2週の頻度でAKA-H、ANTを実施しました。当初は2〜3日で姿勢が戻ってしまいましたが、徐々に良い姿勢が継続するようになり、本人自身がまっすぐな感じが分かるようになってからは、2週間は良い姿勢を維持できるようになりました。

治療開始から10カ月程度たった今では腰の曲がりは残存しているものの、以前に比べ、前屈しても左側が盛り上がらなくなってきています。また、矯正用の装具もほとんど使用していません。なによりも姿勢がまっすぐになったことを本人や家族が実感していただけたのは何よりです。現在も治療継続中ですのでどこまで改善できるのか、経過を診ていきたいと思います。

もう一例は20代の女性です。
初めてAKA外来に来た時には椎間板ヘルニアによる腰痛と下肢のしびれでした。MRI上からヘルニアの手術の適応があるレベルでした。

6ヶ月くらいで腰痛、しびれは改善しましたが、元々側わん症があったそうで、それによる肩こり、仰向けになると片方だけ腰や背中が浮いてしまうなどの苦労があったようです。AKA-Hを実施すると腰や背中がベッドにつくようになり、姿勢もまっすぐになるとのことでした。

そんな彼女が今、気にしていることは「結婚式でウェディングドレスがきれいに着れるか」ということ。
現在は結婚式に向けて1回/2カ月の頻度でメンテナンスしています。


今回の側わん症の2例から
・側わん症でお困りの方の中には関節の動きが原因の症状もあります。
・AKA-HやANTで関節の動きが改善し、姿勢やプロポーションが変わることがあります。

担当:池谷 和弘(理学療法士)

 

 
当院について

平成29年4月の休診日

2日、5日、9日、16日

23日、29日(祝)、30日

第1.3.5水曜日は終日休診です

平成29年5月の休診日

3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)、7日

14日、17日

21日、28日、31日

第1.3.5水曜日は終日休診です

当院へのアクセス

MAP

所在地

東京都目黒区下目黒6丁目14-17

診療時間

平日・土曜日
午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜6:00
※日曜・祝祭日休診
※診療時間は目安です。

クリニックの詳細を見る

▲pagetop