REHAB TSUCHIDA REHABILITATION CLINIC

AKA−H治療例


野球肘(肘の痛み)


今回は肘の痛みの治療経験を紹介します。

高校2年生野球部(内野手、右投げ左打ち)
練習していたある日、1塁へ送球後に右肘に違和感あり。その後も練習を継続していたが、1週間ほどしてバッティング練習していたが、手に力が入りにくくなり、整形外科受診し、野球肘の診断で、リハビリ(筋力強化)の指示を受けました。

AKA-H(仙腸関節・体幹関節)を実施するとその場で握力の改善、痛みの改善はありましたが、いざボールをにぎっての投球やスイングをすると以前に比べれば軽くなったが、症状は出現するといった状況でした。

その後は練習をしながらの治療でしたが、治療ごとに送球やスイングでの症状は軽快していき、少し時間はかかりましたが、2週間に1回の頻度で半年ほどで治癒しました。

筋力強化などは行いませんでしたが、症状の改善とともに筋力は回復しました。
その後は甲子園を目指して練習に励んでいました。 残念ながら出場はできませんでしたが・・・。

 

今回の症例から
・筋力は痛みなどの症状が、改善すれば回復する。筋力低下が痛みの原因とは限らない。

担当:池谷 和弘(理学療法士)

 

 
当院について

平成29年4月の休診日

2日、5日、9日、16日

23日、29日(祝)、30日

第1.3.5水曜日は終日休診です

平成29年5月の休診日

3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)、7日

14日、17日

21日、28日、31日

第1.3.5水曜日は終日休診です

当院へのアクセス

MAP

所在地

東京都目黒区下目黒6丁目14-17

診療時間

平日・土曜日
午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜6:00
※日曜・祝祭日休診
※診療時間は目安です。

クリニックの詳細を見る

▲pagetop