REHAB TSUCHIDA REHABILITATION CLINIC

AKA−H治療例

NO.12 変形性股関節症

今回は股関節の痛みで変形性股関節症と診断された方の治療経験について報告します。

60代女性で普段から健康のため運動を行っていたそうです。ある日急に左股関節に痛みが走り、その後痛みは増強したため、近医受診し、変形性股関節症と診断されました。そして股関節の手術が多く行われている病院で診察した結果、手術した方がよいといわれましたが、手術はしたくないとのことで当院を受診しました。

初回の診察では股関節の痛みとお尻から腰への痛み、突っ張りもありました。股関節を曲げる、開く、ねじる動作に痛みと骨同士がぶつかるようなギシギシとした音、関節可動域(動き)の制限がありました。

初回の治療で痛みの軽減とともに関節可動域の増大を認めましたが、症状は残りました。2週間に1回の頻度で治療を継続していき、2か月ほど経過した頃に痛みは激減しましたが、ギシギシとした音と関節可動域の制限は残りました。

その後も月1〜2回程度の治療頻度で治療を継続していきました。動かした時のギシギシとした音はなくなりましたが、あぐらをかくような股関節の開きでは制限が残りました。

股関節の痛みが消失した頃に最初の病院で再度レントゲンを撮影したのですが、変形の状態は痛みがあった時とは変わりはなかったそうです。

博田先生の治療した方の中にはレントゲン上で、関節の隙間が広がってきた症例があったそうです。「痛みがなければ変形は進まない」とおっしゃっておりました。

今回の症例から
・痛みと変形は必ずしも一致しない。
・仙腸関節からくる痛みが改善すれば変形は進まない可能性がある。

担当:池谷 和弘(理学療法士)

 ⇒一覧へ戻る

 

 
当院について

平成29年8月の休診日

2日、6日、9日

11日(祝)、13日、16日

20日、23日、27日、30日

毎週水曜日は休診です

平成29年9月の休診日

3日、6日、10日

13日、17日、18日(祝)

20日、23日(祝)、24日、27日

毎週水曜日は休診です

当院へのアクセス

MAP

所在地

東京都目黒区下目黒6丁目14-17

診療時間

月・火・木・金・土曜日
午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜6:00
※水曜・日曜・祝祭日休診
※診療時間は目安です。

クリニックの詳細を見る

▲pagetop