REHAB TSUCHIDA REHABILITATION CLINIC
HOME > AKA-Hとは > AKA-H治療例 > 関節リウマチ

AKA−H治療例


関節リウマチ

 今回は70代の関節リウマチの方の治療経験を紹介します。


48歳の時関節リウマチと診断され、ステロイド内服にてコントロール良好。50代の時に転倒して右大腿骨頚部骨折、60代の時には左大腿骨頚部骨折、昨年第12胸椎圧迫骨折。
現在は杖を使用し、5分程度の外出はできるが、腰痛と膝痛があり、膝は手術を勧められていた。当院受診し、治療開始となる。


歩行時の膝の痛みのほかに、膝の熱感と腫れ、可動域の制限があり、膝を伸ばせない状態でした。
初回はAKA-Hで痛みの治療のみを行いました。2回目以降は痛みの治療に加え、運動療法を併用しながら、膝関節の可動域の改善、筋力増強、歩容(歩き方)の改善などを行いました。


これらはAKA-Hの構成運動技術やANT(関節神経学的治療法)などを加えながら、痛みを出現させることなく、やり過ぎたり、悪化したりしないように細心の注意をしながら行っています。


最初の2月くらいは週1回の頻度で実施しておりましたが、痛みはほとんどなくなり、2週間に1度の頻度となり、現在では月1回の頻度で来院され、定期的な評価、メンテナンスといったような感じで御利用されています。


その他にも関節リウマチの方が数名来院されており、ステロイドを内服しなくても血液検査のリウマチ因子が減少し、関節の腫れが減ったなどの治療結果がみられています。

もちろん関節リウマチという原疾患があるため、完全に直るには至りませんが、関節機能異常によって出現する痛みはAKA-Hにて改善されるため、治療前と比べると痛みの程度は軽減し、活動範囲も広がっているようで、身体機能を維持させるための一つと考えられます。


AKA-博田法は痛みの治療として知られていますが、元々は関節リウマチの関節可動域(関節の動き)の改善を目的として開発され、運動療法の一つとしても位置付けられており、リハビリテーションを実施する上で最低限必要な技術・知識です。

その基礎となる関節運動学は欧米での教科書で細かく解説されているにもかかわらず、日本では数行程度で終わっており、あまり詳しく知られていないのが現状です。まして医師教育の中では皆無です。

 

担当:池谷 和弘(理学療法士)

 ⇒一覧へ戻る

 

 
当院について

平成29年4月の休診日

2日、5日、9日、16日

23日、29日(祝)、30日

第1.3.5水曜日は終日休診です

平成29年5月の休診日

3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)、7日

14日、17日

21日、28日、31日

第1.3.5水曜日は終日休診です

当院へのアクセス

MAP

所在地

東京都目黒区下目黒6丁目14-17

診療時間

平日・土曜日
午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜6:00
※日曜・祝祭日休診
※診療時間は目安です。

クリニックの詳細を見る

▲pagetop