REHAB TSUCHIDA REHABILITATION CLINIC
HOME > コラム(院長の雑学) > 骨折の素人判断

コラム(院長の雑学)


骨折の素人判断


 寒くなってきました。厚着のために体の動きが制限されやすい季節です。バランスの悪い人は、一層注意が必要です。体が転倒時に大きく捻じれる様な体勢になって捻じれの力が一番強くかかった部分で骨折が起きると考えています。

もっとも多く、または寝たきりになりやすいのが大腿骨の頚部骨折です。早急に手術を受けて、リハビリテーションを受けることが大事です。自宅で転倒したとか、外出中に転倒したとか、時間・場所はまちまちです。こんなときに、折れていないかどうか簡単に分かればいいですね。その方法をお知らせします。

痛みで七転八倒しているときはすぐに救急車を呼んでください。
そうでない場合は椅子に座ってもらいます。本人には力を抜くように指示します。痛がっているまたは、転んで打った側の太ももに近い部分の裏側に手を差し入れ、もう一方の手で足首を持ち、足全体を持ち上げてみてください。その時に足の付け根(股関節)に痛みを感じたり、嫌がる
場合は骨折の可能性があります。

そして次に太ももの裏に手を添え、足首を持ち、太ももを軸にして膝から下を内側⇔外側に振り子のようにゆっくり動かしてみてください。先ほどと同様に痛みを感じたりしたら、まず骨折していると考えられます。

股関節の手術ができる病院を探して、電話で相談してください。そして、受け入れてもらえそうであれば救急車を呼んでください。

逆に2つの動きを行っても痛くなければ骨折の可能性はありませんので、打撲に対しての養生をして下さい。患部を冷やすなり、湿布をするなりして下さい。

手術後のリハビリテーションを受けても痛みがあるときは仙腸関節の動きが悪くなっていることがありますので、当クリニックに御相談下さい。

→ 「コラム一覧」へ

 
当院について

平成29年4月の休診日

2日、5日、9日、16日

23日、29日(祝)、30日

第1.3.5水曜日は終日休診です

平成29年5月の休診日

3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)、7日

14日、17日

21日、28日、31日

第1.3.5水曜日は終日休診です

当院へのアクセス

MAP

所在地

東京都目黒区下目黒6丁目14-17

診療時間

平日・土曜日
午前 9:00〜12:30
午後 2:00〜6:00
※日曜・祝祭日休診
※診療時間は目安です。

クリニックの詳細を見る

▲pagetop